私なりの絵の見方

 

私の絵の見方(2018年11月現在)を書き留め。こんなふうに見なくてはいけない!って決めてるわけではなくて、よくよく考えたらこんなふうに見ているな〜というゆるい感じ。

 

まずは

 

展覧会の中で自分のお気に入りを見つけること。

 

なんでこの絵が好きなんだろう と考えるのが良い。

 

部屋の真ん中に立って全体を眺めるのも好き。見に来ている人の格好や年齢、絵の額縁やレイアウト、監視員さんたちの装いや立ち振る舞い…展覧会の雰囲気を感じるのも好き。

 

 

 

f:id:hokuson-diary:20181111184244j:image

小笠原先生との話⑥(FB上でアウトプットすること)

 

私にとってfacebookは名刺代わりのようなもの。

 

職場柄、名刺というものがない。

 

アウトプットしていくことで、自分のことを知ってもらうきっかけになったら良いな〜と。あわよくば自分を必要としてくれる場所への近道になったら良いな〜と。

 

----------------------------------------

 

以上、小笠原先生との話の備忘録でした。お疲れさま!自分!

 

f:id:hokuson-diary:20181028074649j:image

小笠原先生との話⑤(無題)

 

パーソナル◯◯になりたい。

 

そもそも小笠原先生とお話させていただきたいと思ったのは、私個人の話を聞いて欲しかったから。

 

 

「最小と最大について考えていくと良い」

 

例えば、目の前の子(最小)と地球全体のこと(最大)。どんな話だったか忘れた。

 

f:id:hokuson-diary:20181028074728j:image

小笠原先生との話④(学び続ける教師?)

 

教育だけでは食べていけないのではという危機感。

 

栃木県には、内地留学の制度があって給料をもらいながら大学のゼミ(宇大や筑波など)に入り1年間一緒に研究する、というものがある。

 

「果たしてそれは学びにつながるのか。自分のやりたいこと、学びたいことと合致するのか」

 

なかなか難しいところ。重度重複の障害を持つ子どもへの関わりは"子どもの表出を受け止め、共感的な言葉掛けを行い、子どもの表出を待つ"ことに尽きると思う…。(障害にも色々あってそれぞれに関わり方は同じではないという批判は受け付けます。)

 

そう考えると私のいる業界は仕事が限定的でとても特殊なんだなって思う。

 

 

f:id:hokuson-diary:20181028111237j:image

小笠原先生との話③(人と話すことは好きだ)

 

これは別に先生との話の中であがったわけではなくて、人と話すことで、自分の思考がぐちゃぐちゃにされて整理されて忘れてた思考がぽっと発掘されてこれとこれが結びついて…人と話をするのって面白い。という話。

 

でも話していく言葉は消えていってしまう。すぐに忘れちゃう。

 

「こういう本なんかは何十年も下手したら何百年も受け継がれていく。コンクリートの建物は100年ほど、ブロンズ像は何万年単位。」

 

だからすぐに文字に起こして、思考を記録するのって大切だと思った。たま〜に見返してこんな馬鹿みたいなこと考えてたんだなって思う日が来るかもしれない。

 

 

f:id:hokuson-diary:20181028005105j:image

11月のゆる〜くやりたいこと

 

月初めにこんな1ヶ月にしたいな〜というゆるい目標を立てます。今月はこの2つ。

 

1 姿勢良く生きたい

自分の姿をちらっと鏡で見ると猫背なのがとても気になる。そんな自分へのネガティブ面をちょっと意識したいなって思って。

 

2 リラックスできる時間を見つめる

自分はどんな時間が好きなんだろう、どんなときに幸せを感じるだろうと見つめる月にしたい。気づかないうちにストレスがたまっているのが怖いので、日常で浄化していきたい。

私は結構火を見るのが好きで、キャンプファイヤーの火をじーっと見ながらマシュマロを食べるのが子どものときから好きだった。最近はほとんどやってないけれど、たまに思い出す。

 

そんなゆる〜い月にしたい。

f:id:hokuson-diary:20181101215105j:image

10月増減リスト

 

最近ミニマリストの人とか身軽に生きている人の文章や書き物を見るのが好きで、特にこのおふみさんのブログをよく見ている。

 

その中でも

持ち物増減リスト(6/1-7/26) - ミニマリスト日和

 

この増減リスト良いな〜と思ってやってみている。意外と自分が捨てたものって忘れてしまう。ということで10月の買ったもの捨てたものをリストアップ。

 

捨てたもの

・豆乳イソフラボンクリーム容器(使いきり)

・紺セーター

ダイソーイヤリング

・片っぽイヤリング

キャンメイクリップ

・ズボラボ朝用シート(使いきり)

・ハートのファーイヤリング

・スタバカード3枚

・大学のときもらった名刺

・事務用クリップ(母にあげた)

・中学生のとき作った消しゴムはんこ

・スタンプインク3つ

・本に挟むしおり4つ

・クレンジングオイル(使いきり)

・職場用黒いチチカカの靴(買い替え)

・スウェット生地の洋服

・黒っぽいロングTシャツ

ギンガムチェックパンツ

・黒台形スカート

・📖イーロンマスク

・📖アート本(赤い冊子、美術館で買ったもの)

・📖塩狩峠

・📖学び続ける教師

 

増えたもの

・📖6冊

・安眠口テープ

・ゴールド変形イヤリング(minne)

無印良品リングノート

ダイソーヘアアレンジ用のもの

・職場用チチカカ黒い靴(買い替え)

・職場用靴のインソール

ユニクロデニム

・角質きれいにするやつ

・キュレルのクリームと化粧水

 

衣替えに伴って今月はだいぶ捨てたな〜。

写真は大学のときの引っ越しで荷物を詰めてるとき。荷物が多いとほんと大変だなって身にしみたやつ。

 

だからといって物が少ないことが良いわけではなくて、お気に入りにお金を使いたいだけ。

 

f:id:hokuson-diary:20181028183458j:image